妊婦なら知っておきたい市販の便秘薬を飲むリスク

妊婦が市販の便秘薬を飲むデメリットって知っていますか?知らないなら知っておいた方がいいですよ。

 

知れば自己判断で勝手に市販の便秘薬を服用しよう!って気にもならないと思うんだけど、中には便秘の辛さから解放されたくて、後先考えず飲んでしまう人もいるんですよね。

 

とても残念なことです。
後悔する前にちゃんと知っておきましょ!

妊婦が市販の便秘薬を服用することで考えられるリスク

市販の便秘薬の何がいけないのか?っていうと、

 

子宮収縮作用を有する成分が使われているものもあるから!

 

例えばこんな成分
  • センナ
  • アロエ
  • ダイオウ など

 

こんな危険な成分を含んだ市販の便秘薬を妊婦が飲んでいいわけがない!

 

食事内容や水分補給を見直すとか、できることから始めてみては?

 

服用した場合に考えられるリスク
  • 妊娠初期は特に流産リスクが高まる
  • 臨床的にも切迫流産の原因になることが証明されている
  • 薬の成分は胎盤を通過できるから赤ちゃんへ届けられてしまう
  • 少量の摂取でも赤ちゃんにとっては大きな負担となってしまう

特に注意したいのが妊娠初期!

この時期は赤ちゃんの様々な器官が形成される大事な時期なんですよ。

 

そんなときに安易に服用した便秘薬のせいで流産とか、赤ちゃんの正常な体作りの妨げになる!なんてことは避けたいですよね?

 

子宮収縮作用を有する成分は刺激性便秘薬で使われているけど、身近な薬局などで手に入りやすいので多いのがこのタイプの便秘薬なんです。

 

だから妊婦は自己判断で市販の便秘薬を服用してはいけないのです。

便秘薬を飲むよりもオリゴ糖や特定保健用食品で安全に便秘解消しましょう!

市販の便秘薬はおなかの赤ちゃんに影響するというデメリットやリスクがあるから、そんな危険を冒すよりだったら、もっと安全に美味しく楽に便秘解消できた方がよくないですか?

 

だったら便秘薬を飲むよりもオリゴ糖や特定保健用食品で安全に便秘解消しましょう!

 

 

ということで妊婦のお通じ対策におすすめなのが、するっと抹茶、はぐくみオリゴ、カイテキオリゴ、イサゴール(トクホ)というわけです。

 

全部わたしが実際に試して効果があったものだけをピックアップしました。

 

しかも毎日しっかり続けられるのにはワケがある!

  • 便意が起こっても腹痛はほとんどなし
  • 低カロリーだから必要以上に太る心配もなし
  • よけない添加物が含まれていないから妊婦も安心
  • いろんなものに混ぜて摂れるから毎日違う味で楽しめる
  • 便秘だけでなく下痢などのお通じトラブルをトータルサポートできる
  • 妊娠初期から続けることで出産後まで便秘知らずで過ごせるメリットがある

 

薬と違って「食品」だから流産や赤ちゃんの成長に悪影響を与える心配がないからおススメです。