妊婦の便秘が悪化すると考えられる影響とは?

理由は何にせよ妊婦だからこそ便秘を甘く見ちゃダメ!後が大変だから!

 

妊娠中の便秘を放っておいて悪化させてしまうと、母体にせよ、おなかの赤ちゃんにせよ、いろんな悪影響が出てくるものなのです。

 

【妊婦の便秘が悪化することで考えられる悪影響】

 

赤ちゃんにも悪いものが送られてしまう

便秘が続くと腸内の水分と共に、腸内で便が腐敗したときに発生する毒素が体に再吸収されます。

 

これらの毒素が血液中に吸収されると母体の全身を巡るだけでなく、おなかの赤ちゃんも胎盤を通じてこの血液から栄養や水分、酸素などを取り込むことになってしまうのです。

 

 

 

肌荒れが気になるようになる

便秘で肌荒れ?って思うかもしれませんが、お通じが悪い状態が続くと、

 

ニキビ、吹き出物、乾燥など

 

こうした肌荒れが気になったり、トラブルに悩まされやすい肌になったりします。

 

 

 

腰痛にもなりやすい

おなかの中で赤ちゃんが成長して、おなかが大きくなってくると体重も増えていきます。

 

それなのに運動不足で筋力低下しているから、大きなおなかも含めて自分の体を支えるのがとても大変になってくるんです。

 

加えて腰痛でいきめず、便秘も腰痛もひどくなっていきます。

 

 

 

痔になりやすく、治りにくい

便秘で便がかたくなった便を無理矢理出そうとして肛門が切れるなどで痔になりやすくなります。

 

痔になると痛みから排便を我慢するようになるから、ますます便秘は悪化していくし、排便のたびに痔の患部が刺激されるから治りにくくなります。

 

妊婦の便秘はできるだけ悪化する前に改善したいものです

妊婦の便秘を放っておいて悪化させると、様々な悪影響が出ることがおわかり頂けたと思います。ここまで悪化する前にお通じをよくしたいものだけど・・・。

 

サプリメント、便秘茶、オリゴ糖食品、トクホなど様々なお通じ対策商品が出回っているけど、妊婦が選ぶ時には細心の注意が必要になります。

 

キャンドルブッシュなど下剤成分が含まれたものはNG!

 

それよりもオリゴ糖食品やトクホの方がずっと安心!

 

他にも日頃から水分を多めに摂ることを心がけるだけでも違います。
体が水分不足にならなければ腸内から必要以上に水分が吸収されないから、便の水分も失われずに済むのです。

 

赤ちゃんに送られる分も考慮して妊娠前よりも多めの水分補給を心がけましょう!