よく考えれば確かに!妊婦が便秘になりやすいこんな理由

妊娠前まで便秘知らずで過ごしてきたから、みんなが言うように妊娠したからって便秘にはならないでしょ!って人ごとのように考えていたこの私が!!

 

妊娠してからというもの見事に便秘になりました!
先輩ママの言うことは聞いとくべきでした(泣

 

でもよく考えれば確かに!知れば知るほど妊婦が便秘になりやすい理由は納得できるものばかりでした。

 

【妊婦が便秘になりやすい3大原因】

 

ホルモンバランスが変わるから

イメージしやすいのは生理前の状態。
生理が来るまでの数日間はお通じが悪くなりませんか?

 

それは妊娠後と同じように女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌が活発になるためなんです。つまりホルモンバランスが変わることが妊娠初期で便秘になりやすい原因なのです。

 

このホルモンは腸の動きを抑制する働きがあるから、どうしてもお通じが悪くなりがちになってしまうのです。

 

 

母体が水分不足になりやすいから

おなかの中の赤ちゃんも成長するために栄養や水分が必要になるから、赤ちゃんに水分を送る分、母体が水分不足になりやすいんです。

 

体が水分不足になると腸内の水分が吸収されてしまうんです。すると便からも水分が失われてしまって便がかたくなって出にくくなります

 

だからコロコロの便になったり、スムーズに排便できずに便秘になりやすくなってしまう。というわけです。

 

 

大きくなった子宮に腸が圧迫されるから

おなかが大きくなるに連れて赤ちゃんの成長が楽しみでしかたない日々が続きます。

 

でもおなかが大きくなる。ってことは、「子宮が大きくなっている」ってことなので、子宮が大きくなるとその近くにある腸が圧迫されることになります。

 

腸は大きくなった子宮に圧迫されると、妊娠前のような正常な運動ができなくなってしまうのです。

 

すると腸内にある便がスムーズに移動できないまま長時間、腸内に留まることになるから水分はどんどん失われて便は硬くなり、それでも腸は動きずらいから便がたまっていって便秘になりやすい。というわけです。

 

妊娠中ずっと便秘になりやすいわけではありません

妊娠したからといって出産までずっと便秘になりやすい。ってわけではありません。
妊婦が便秘になりやすい時期っていうのがあるんです。

 

  • 妊娠初期・・・ホルモンの影響
  • 妊娠後期・・・子宮に圧迫されて

 

初期はホルモンの影響で腸が動きずらくなるだけでなく「つわり」で食事量が減ったり、口にできる食べ物が限らるなどで水分や繊維が不足して、それがお通じに影響したりもします。

 

後期は大きくなった子宮で腸が圧迫されることはもちろん、運動するにも動きが制限されたり、妊娠前のように思い切りいきむことができなくなることも影響するものです。

 

 

このように言われてみれば確かに納得!の理由でした。

 

だからって、「妊婦が便秘になりやすいのは仕方ない」と何も対策しないまま放置してしまうと、自分が辛いだけじゃなくておなかの赤ちゃんにだってよくないんです。

 

だから食事だけで便秘を改善できないのであれば、妊婦でも安心して口にできるオリゴ糖やおなかの調子を整えるトクホを取り入れるなどして、お通じ対策していくことも必要なのです。